ゴミから電気を作り出す|電力自由化を比較してコスト削減を成功に導く

電力自由化を比較してコスト削減を成功に導く

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴミから電気を作り出す

エコ

地球に優しく経済的

資源の有効活用を推進する観点から、近年では再生可能エネルギーへの関心が高まっています。中でも、従来はゴミとして捨てていたものからエネルギーを取り出すというユニークな特徴から注目されているのが、バイオガス発電です。バイオガスはさまざまな有機ゴミを発酵させて可燃性のガスを生み出し、それを燃焼することで発電用タービンを回転させる電力供給システムです。利用可能なゴミの種類は残飯・木材・糞尿・汚泥など多岐にわたります。バイオガス発電は、いわゆる資源循環型のシステムです。また、環境に負荷をかけない、地球に優しいシステムでもあります。ガスの燃焼時には二酸化炭素が発生しますが、原料となる植物が生きていた間に吸収した二酸化炭素と相殺されるため、地球温暖化を進行させるものではないとされています。

処分費用を節約し収入獲得

バイオガス発電用のプラントは小規模で済むことから、発電事業を専業としない者でも比較的容易に導入できます。有機ゴミを多く輩出する場所、たとえば牧場や食品工場、山林などに設置すれば、廃棄物の処分費用を節約できるだけでなく、それをエネルギー源として利用できるという二重のメリットがもたらされます。バイオガス発電によって発生した電力は、自家で使用することができます。また、余剰分を売電することも可能です。本業を廃さない限りエネルギー源となるゴミは出続けるため、資源枯渇のおそれもありません。バイオガス発電は、農業・林業・畜産業などに従事する者にとっての新たな収入源となります。そのため、地域振興や産業活性化への貢献も期待できます。